Overblog Suivre ce blog
Administration Créer mon blog
甘利虎泰 Amari Torayasu  1498-1548

甘利虎泰 Amari Torayasu  1498-1548

en construction 信虎・信玄二代に仕えた譜代の属将 板垣信方とともに「職」(家老)を務めていた 甘利郷(韮崎市旭町)を領土として軍馬の増殖に励んだ。 天分17(1548)年2年14日の上田原(上田市)の合戦で村上義清軍と戦って戦死した。 51歳 Amari "Bizen no kami " Torayasu served the Takeda clan, under Takeda Nobutora and Shingen. Amari was a shukurō, or clan elder,...

Lire la suite

真田昌輝 Sanada Masateru  1541-1575

真田昌輝 Sanada Masateru  1541-1575

en construction 信州小県郡真田郷の真田幸隆の二男。 兄信綱とは4歳年下の実弟である。 父幸隆と共に西上野の倉賀野城(高崎市)を 陥とし、城将となった幸隆の側近となる。 天正3(1575)年5月21日、設楽ケ原の合戦にて三段構えの砲火を浴びて戦死した。35歳 Second son of Yukitaka. Died at the battle of Nagashino. A General under Takeda.

Lire la suite

小山田信茂 Oyamada Nobushige 1539-1582

小山田信茂 Oyamada Nobushige 1539-1582

en construction 甲斐郡内領の領主。武田親類衆の一人。 小山田家は関東平氏。信有の嫡男に 生まれた。信玄・勝頼二代に仕えた部将である。合戦の談合7人衆に加わり 能筆家として信玄に信望厚く、七書五経の写しを信茂に托していた。 天正10(1582)年3月、勝頼主従のぐんない入国を阻み、織田方の 郡内進攻を防いで領民を兵火から守った。 その直後、織田信忠に甲斐善光寺の本陣 に召喚された一族と共に首をはねられた。 44歳 Oyamada "Sayô no jô" Nobushige was...

Lire la suite

武田信繁 Takeda Nobushige  1525-1561

武田信繁 Takeda Nobushige  1525-1561

en construction 武田信虎と正室大井夫人の間に生まれた二男、武田の副大将と呼ばれた早世した信玄の 弟である。信玄と生死を共にした信繁。甲州法度之次第59条の原案者でもある。 勇猛果敢にして学識の深い武人であった。 永禄4(1561)年9月10日の第4次川中島の合戦で兄の身代わりに なって敵陣に突っ込み壮烈な戦死をとげた。37歳 Takeda "Sama no Suke" Nobushige also known as"Tenkyû" was the younger brother of...

Lire la suite

諸角虎定 Morozumi Torasada 1480-1561

en construction 甲斐源氏の流れを汲む武田譜代の重臣。信玄の曾祖父信昌の六男。 武田の重臣でも親類衆の諸角家は信昌・信縄・信虎・信玄の四代を生き抜いた。 永禄4(1561)年9月10日、川中島で戦死した。82歳 Morozumi " Bungo no Kami" Torasada was the son of Takeda Nobumasa and was Takeda Shingen's great-uncle. He served three generations of Takeda...

Lire la suite

真田安房守昌幸 Sanada Masayuki  1547-1611

真田安房守昌幸 Sanada Masayuki  1547-1611

en construction 真田幸隆の三男。15歳で川中島の合戦に初陣、巧をあげ信玄から「昇り梯子の鎧」を 授けられる。父の病死、兄二人の戦死で真田家の家督を継ぎ真田昌幸と改名。 天正9(1581)年、勝頼の要請で新府城築城の普請奉行となる。 慶長16(1611)年、配流地の高野山ろくの九度山村で病没した。65歳 真田幸隆の3男。長兄信綱、次兄昌輝、弟に信尹がいる。まだ真田源五郎と名乗っ ていた7歳の時、上田の秋和郷の領地と引き換えに人質として甲府に送られる。 (もっとも領地は戸石城攻略の恩賞で、人質と言うのも形ばかりのことだった)...

Lire la suite

板垣信方 Itagaki Nobukata  1489-1548

板垣信方 Itagaki Nobukata  1489-1548

en construction 若き信玄の守役として万軍の将にふさわしい部将教育を施した板垣信方。 信玄による父追放事件の陰の原動力となり、諏訪・伊那の進攻作戦をはじめ 諏訪郡代として「風林火山」の武田軍旗を信濃全土に押し立てる。 天分17(1548)年2年14日早朝から始まった上田原(上田市)の合戦で 義清軍が仕掛けた術中にはまって全滅した。60歳 Itagaki "Suruga no Kami" Nobukata was a senior retainer of the Takeda family....

Lire la suite

真田信綱 Sanada Nobutsuna  1537-1575

真田信綱 Sanada Nobutsuna  1537-1575

en construction 鬼弾正真田幸隆の嫡男で、川中島合戦では25歳の青年部将として信玄本陣を固める旗本隊を指揮、その後、上洛の際には先陣をつとめた。信玄、勝頼に忠誠を誓った。天正3(1575)年5月21日、設楽ケ原の合戦にて三段構えの砲火を浴びて戦死した。39歳 Sanada "Gentazaemon no jô" Nobutsuna (1537-June 29, 1575) served well the Takeda clan. He was born in Matsuo Castle,...

Lire la suite

内藤昌豊 Naitô Masatoyo  1522-1575

内藤昌豊 Naitô Masatoyo  1522-1575

en construction 信玄の父・信虎によって国外追放された昌豊は、信玄の家督相続と期を同じくして 甲斐へと戻った。やがて頭角を現した彼は、川中島合戦で信玄の危機を救い、 以前にも増して重用されるようになった。 天正3(1575)年5月の長篠城外の、設楽ケ原で徳川軍と戦って戦死した。54歳 Naitō "Shuri no Suke" Masatoyo (1522-June 29, 1575) was a Japanese samurai of the Sengoku period. As...

Lire la suite

武田信廉 Takeda Nobukado  生年不詳-1582

武田信廉 Takeda Nobukado  生年不詳-1582

en construction 果敢なる甲斐の勇将・信玄、信繁を同腹の兄に持つもただひとり性格を異にし芸才に秀でた男−信廉。 戦場経験のなかった信廉は、ある日信玄の影武者となりやがて悲劇敵とも言うべき結末を迎えることになった 天正10(1582)年3月、甲斐へ進攻してきた織田信忠を総大将とする 織田軍に捕らえられて織田の本陣の善光寺で処刑された。 Nobukado was a younger brother of Takeda Shingen. While not known as a great...

Lire la suite

1 2 3 > >>