Overblog Suivre ce blog
Administration Créer mon blog
The TAKEDA Shingen History (3)

The TAKEDA Shingen History (3)

en construction [編集] 甲相同盟 永禄11年(1568年)9月、足利義昭を奉じて織田信長が上洛を果たした。ところが信長と義昭はやがて対立し、義昭は信長を滅ぼすべく、信玄に信長討伐の御内書を発送する。信玄も信長の勢力拡大を危惧したため、元亀2年(1571年)2月、信長の盟友である徳川家康を討つべく、遠江国・三河国に侵攻する。信玄は同年5月までに小山城、足助城、田峯城、野田城、二連木城を落としたうえで、甲斐に帰還した。 元亀2年(1571年)10月3日、北条氏康が小田原で死去。後を継いだ嫡男の氏政は、「再び武田と和睦せよ」との亡父の遺言に従い、謙信との同盟を破棄して弟の北条氏忠、北条氏規を人質として甲斐に差し出し、12月27日には信玄と甲相同盟を結ぶに至った。この時点で武田家の領土は、甲斐一国のほか、信濃、駿河、上野西部、遠江・三河・飛騨・越中の一部にまで及び、石高はおよそ120万石に達した。...

Lire la suite

The TAKEDA Shingen history (2)

The TAKEDA Shingen history (2)

[編集] 信濃国を平定 父・信虎を追放した直後、信濃国諏訪上原城主・諏訪頼重、同じく信濃林城主であり信濃国守護職の小笠原長時が甲斐国に侵攻してくるが、晴信はこれを撃退した。そして天文11年(1542年)6月、晴信は逆に諏訪領内への侵攻を目論むようになる。折しも諏訪氏内部では諏訪頼重・高遠頼継による諏訪宗家を巡る争いが起こっていたため、晴信はこれに介入し、高遠頼継と手を結んで諏訪頼重を滅ぼし、諏訪を平定した。続いて同年10月、諏訪領の分割問題から高遠頼継と対立し、高遠軍を小淵沢で破った。 天文12年(1543年)、信濃国長窪城主・大井貞隆を攻めて自害に追い込んだ。天文14年(1545年)4月、上伊奈の高遠城に侵攻し、高遠頼継を、続いて6月には福与城主・藤沢頼親も滅ぼした。...

Lire la suite

The TAKEDA Shingen history (1)

The TAKEDA Shingen history (1)

en construction 甲斐国守護 大永元年(1521年)11月3日、武田信虎と正室の大井夫人との間の子として甲斐国・積翠寺城で生まれた。幼名は「勝千代(かつちよ)」。 父は甲斐源氏の名門・武田氏の第18代当主で、甲斐を統一して戦国大名としての地位を確立した勇将である。信玄が生まれた大永元年(1521年)に甲斐は駿河の今川氏親の命を受けた福島正成率いる1万5000人の軍勢に攻められていたが、武田軍は勝千代の誕生を知って士気を奮い立たせ、今川軍を撃退したと言われている。また、「甲陽軍鑑」や「武田三代記」などによれば、信玄誕生のとき、産屋の上に一条の雲がたなびき、白旗の風に翻るように見えたが、それが消えたとき、一双の白鷹が3日間も産屋にとまったとされる。このため、諏訪明神の神使が若君(信玄)を守護してくれるのだと末頼もしく思ったとされている。別の話では、信虎が陣中で休息しているとき、曽我五郎が自分の子になる夢を見て、そのときに信玄が生まれたとされている。...

Lire la suite

TAKEDA Kyûbajutsu

TAKEDA Kyûbajutsu

The History of the Takeda school Kyûbadô -The strongest Kyûbajutsu (Mounted A rchery skills) since ancient times The original roots of Yabusame come from the 530s A.D.. There were rebellions inside and outside of the country. Before putting these down,...

Lire la suite

MUSO JIKIDEN RYU

MUSO JIKIDEN RYU

居合道相模会 Muso Jikiden Eishin Ryu Iaijutsu Video demonstration on YOUTUBE Master of Founder of Takeda Shin Bu Kan YAMASHIBU Yoshizaku sensei 8th dan Kendo 8th dan Iaido Hanshi 1920-1993 History and Lineage of MJER MJERの歴史と血統 (The following was compiled from...

Lire la suite

The SANADA family

The SANADA family

en cours de travaux 真田幸隆Sanada-Yukitaka 真田幸隆は真田氏の基礎を築いた人物です。 幸隆以前は真田氏の名前は見当たらず、 幸隆の幼少の頃もわかっておりません。 生まれは永正10年(1513)と推定されております。 真田氏の由来に関しては現在の真田地区からもともと居た。群馬等他から真田にやって来たなど諸説ございますが分っておりません。海野氏の出という説もありますが真田氏は自分の身元を知らしめる為で可能性は低いと私は見ております。 真田氏の歴史舞台への登場 天文10年(1541)、武田信玄の父武田信虎が投じ当時小県地籍を治めていた海野氏を打つために、当地の領域においての敵対関係にあった村上氏を誘い戦いを仕掛けます。当地籍を流れる川の名前から「神川(加賀川)合戦」と呼ばれております。...

Lire la suite

SUWA

SUWA

Suwa Taisha Grand Shrine is one of the oldest sinto shrine groups in Japan, has 10000 branch shrines throughout this country(except Okinawa prefecture). The festival deitiesare Takeminakata no kami(Okuninushi-no-mikoto's second son) and his empress Yasakatome-no-kami....

Lire la suite

<< < 1 2 3 4 5 6 > >>