Overblog Suivre ce blog
Administration Créer mon blog
真田安房守昌幸 Sanada Masayuki  1547-1611

真田安房守昌幸 Sanada Masayuki  1547-1611

en construction 真田幸隆の三男。15歳で川中島の合戦に初陣、巧をあげ信玄から「昇り梯子の鎧」を 授けられる。父の病死、兄二人の戦死で真田家の家督を継ぎ真田昌幸と改名。 天正9(1581)年、勝頼の要請で新府城築城の普請奉行となる。 慶長16(1611)年、配流地の高野山ろくの九度山村で病没した。65歳 真田幸隆の3男。長兄信綱、次兄昌輝、弟に信尹がいる。まだ真田源五郎と名乗っ ていた7歳の時、上田の秋和郷の領地と引き換えに人質として甲府に送られる。 (もっとも領地は戸石城攻略の恩賞で、人質と言うのも形ばかりのことだった)...

Lire la suite

板垣信方 Itagaki Nobukata  1489-1548

板垣信方 Itagaki Nobukata  1489-1548

en construction 若き信玄の守役として万軍の将にふさわしい部将教育を施した板垣信方。 信玄による父追放事件の陰の原動力となり、諏訪・伊那の進攻作戦をはじめ 諏訪郡代として「風林火山」の武田軍旗を信濃全土に押し立てる。 天分17(1548)年2年14日早朝から始まった上田原(上田市)の合戦で 義清軍が仕掛けた術中にはまって全滅した。60歳 Itagaki "Suruga no Kami" Nobukata was a senior retainer of the Takeda family....

Lire la suite

真田信綱 Sanada Nobutsuna  1537-1575

真田信綱 Sanada Nobutsuna  1537-1575

en construction 鬼弾正真田幸隆の嫡男で、川中島合戦では25歳の青年部将として信玄本陣を固める旗本隊を指揮、その後、上洛の際には先陣をつとめた。信玄、勝頼に忠誠を誓った。天正3(1575)年5月21日、設楽ケ原の合戦にて三段構えの砲火を浴びて戦死した。39歳 Sanada "Gentazaemon no jô" Nobutsuna (1537-June 29, 1575) served well the Takeda clan. He was born in Matsuo Castle,...

Lire la suite

内藤昌豊 Naitô Masatoyo  1522-1575

内藤昌豊 Naitô Masatoyo  1522-1575

en construction 信玄の父・信虎によって国外追放された昌豊は、信玄の家督相続と期を同じくして 甲斐へと戻った。やがて頭角を現した彼は、川中島合戦で信玄の危機を救い、 以前にも増して重用されるようになった。 天正3(1575)年5月の長篠城外の、設楽ケ原で徳川軍と戦って戦死した。54歳 Naitō "Shuri no Suke" Masatoyo (1522-June 29, 1575) was a Japanese samurai of the Sengoku period. As...

Lire la suite

武田信廉 Takeda Nobukado  生年不詳-1582

武田信廉 Takeda Nobukado  生年不詳-1582

en construction 果敢なる甲斐の勇将・信玄、信繁を同腹の兄に持つもただひとり性格を異にし芸才に秀でた男−信廉。 戦場経験のなかった信廉は、ある日信玄の影武者となりやがて悲劇敵とも言うべき結末を迎えることになった 天正10(1582)年3月、甲斐へ進攻してきた織田信忠を総大将とする 織田軍に捕らえられて織田の本陣の善光寺で処刑された。 Nobukado was a younger brother of Takeda Shingen. While not known as a great...

Lire la suite

横田高松 Yokota Takatoshi  生年不詳-1550

横田高松 Yokota Takatoshi  生年不詳-1550

武田信虎・信玄父子二代に仕えた騎馬30騎の足軽大将。 身分は高くないが、 天分19(1550)年9月1日の信州戸石城(上田市)の攻防戦で戦死するまで合戦の場数34度、体に31ケ所の刀傷があったと「軍艦」は伝えている。 戸石崩れといわれる戸石城攻防戦で横田備中以下一千余人の 武田勢が戦死した。 Yokota Takatoshi (横田高松, Yokota Takatoshi died November 9, 1550) was a retainer beneath the Takeda clan throughout...

Lire la suite

多田満頼 Tada Mitsuyori  1501-1563

多田満頼 Tada Mitsuyori  1501-1563

en construction 武田軍団の足軽大将として29回の合戦に臨み、刀疵を負いながらも、そのつど抜群の功績を挙げた満頼は、信州虚空蔵山の城将に任命された。信虎・信玄二代に仕えた ; 永禄6(1563)年12月病死。63歳 Tada Mitsuyori (多田満頼, Tada Mitsuyori?) (1501-1563) was a retainer beneath the clan of Takeda. Mitsuyori was respectively a native from the...

Lire la suite

山本勘助 Yamamoto Haruyuki Kansuke 1501-1561

山本勘助 Yamamoto Haruyuki Kansuke 1501-1561

信玄の軍師として名高い勘助は、もともと今川家の家臣であった。ところが、 信虎追放をめぐる裏工作への参加が機縁となって武田家に仕えることとなっていった。 勘助は版図拡大を狙う信玄を陰から支えた軍師の恐るべき情報収集力と破壊工作は見 事なものであった。 第4次川中島合戦のきつつき戦法の失敗の責任を感じて敵中に身を曝し、 体に86ケ所の傷を受けて戦死した。61歳 山本 晴幸(ヤマモト ハルユキ 別称 勘助、勘介、菅助、道鬼 生没年 明応二年(1493)〜永禄四年(1561)9月10日 享年69歳 法名...

Lire la suite

小幡虎盛 Obata Toramori  1505-1561

小幡虎盛 Obata Toramori  1505-1561

en construction 虎盛は駿河・徳川軍が甲斐に乱入したさい、上条河原の合戦で初陣を飾る。以来、合戦に参加すること38度、体に41の刀傷を負い、信虎・信玄父子二代に"鬼虎"の異名は敵国にも知れわたった。 よくみのほどをしれ」の九文字を残して永禄4(1561)年6月2日信州海津城で生涯を閉じた。57 Obata Toramori (小畠虎盛, Obata Toramori? 1491 - July 14, 1561) Toramori acted as one of the primary...

Lire la suite

山県昌景 Yamagata Masakage  1530-1575

山県昌景 Yamagata Masakage  1530-1575

en construction 三方ケ原の戦いで勇名を轟かせた山県昌景は、信玄の嫡男義信を擁して、 主君を負い落とそうとした飯富虎昌の実弟である。 彼は冷たい視線を 浴びせる周囲の目をバネに、戦功を立てていったという・・・ 天正3(1575)年5月21日、設楽ケ原の合戦にて至近弾を数発体に浴びて戦死。46歳 Yamagata Masakage (山形昌景, Yamagata Masakage?) (1524-1575) was one of the 24 generals of the Takeda...

Lire la suite

<< < 1 2 3 4 5 6 > >>