The TAKEDA Shingen history (2)

Publié le par Yama no Kami Nobusada


[編集] 信濃国を平定

父・信虎を追放した直後、信濃国諏訪上原城主・諏訪頼重、同じく信濃林城主であり信濃国守護職の小笠原長時が甲斐国に侵攻してくるが、晴信はこれを撃退した。そして天文11年(1542年)6月、晴信は逆に諏訪領内への侵攻を目論むようになる。折しも諏訪氏内部では諏訪頼重・高遠頼継による諏訪宗家を巡る争いが起こっていたため、晴信はこれに介入し、高遠頼継と手を結んで諏訪頼重を滅ぼし、諏訪を平定した。続いて同年10月、諏訪領の分割問題から高遠頼継と対立し、高遠軍を小淵沢で破った。

天文12年(1543年)、信濃国長窪城主・大井貞隆を攻めて自害に追い込んだ。天文14年(1545年)4月、上伊奈の高遠城に侵攻し、高遠頼継を、続いて6月には福与城主・藤沢頼親も滅ぼした。

天文16年(1547年)、志賀城の笠原清繁を攻める。このとき、笠原軍には上野の上杉憲政の援軍も加わったため苦戦したが、8月6日の小田井原の戦いで武田軍は上杉・笠原連合軍に大勝する。ところがこのとき、晴信は小田井原で討ち取った約3,000人の敵兵の首級を城のまわりに打ち立てて城方への脅しとし、結果、城兵は篭城を解かず笠原清繁始め城兵の多くが討ち死、さらに残った女子供と奉公の男は人質・奴隷にするなど過酷な処分を下した。この事件が信濃国の国人衆に晴信への不信感を植え付け、信濃平定を大きく遅らせる遠因となったと言われている。同年、分国法である甲州法度之次第(信玄家法)を定める。

天文17年(1548年)2月、晴信は信濃国北部に勢力を誇る村上義清と上田原で激突する(上田原の戦い)。しかし兵力で優勢にありながら武田軍は村上軍に敗れて宿老の板垣信方・甘利虎泰らをはじめ多くの将兵を失った。晴信自身も傷を負い甲府の湯村温泉で30日間の湯治をした。この機に乗じて同年4月、小笠原長時が諏訪に侵攻して来るが、晴信は7月の塩尻峠の戦い(勝弦峠の戦い)で小笠原軍に大勝した。

天文19年(1550年)7月、晴信は小笠原領に侵攻する。これに対して小笠原長時にはすでに抵抗する力は無く、林城を放棄して村上義清のもとへ逃走した。こうして、中信は武田の支配下に落ちた。

勢いに乗った晴信は同年9月、村上義清の支城である砥石城を攻める。しかし、この戦いで武田軍は後世に砥石崩れと伝えられる大敗を喫し、横田高松や小山田信有らを初めとする1,000人以上の将兵を失った。

しかし天文20年(1551年)4月、真田幸隆(幸綱)の策略で砥石城が落城すると、武田軍は次第に優勢となり、天文22年(1553年)4月、村上義清は葛尾城を放棄して越後の長尾景虎(上杉謙信)のもとへ逃れた。こうして東信も武田家の支配下に入り、晴信は北信を除き信濃をほぼ平定した。後に、信濃守護となる。

[編集] 川中島の戦い
第四次川中島の戦い
第四次川中島の戦い

天文22年(1553年)4月、村上義清の要請を受けた長尾景虎が5000の軍勢を率いて信濃川中島に進出してくる(第1次川中島の戦い)。しかし晴信も景虎も軍を積極的に動かすことなく、5月には両軍ともに撤退した。

同年8月、景虎の支援を受けて大井信広が謀反を起こすが、晴信はこれを直ちに鎮圧した。

天文23年(1554年)の春、長尾景虎に対抗するため、晴信は長男・義信の正室に今川義元の娘を迎え、また娘を北条氏康の嫡男・北条氏政に嫁がせて、後北条氏とも同盟を結んだ。今川氏と北条氏は武田家を仲介として、氏康の娘が義元の長男・今川氏真に嫁ぐことで同盟を結び、甲相駿三国同盟を成立させた。

永禄4年(1561年)、武田軍2万と上杉軍1万3,000との間で、4度目の川中島の戦いが行なわれる(第4次川中島の戦い)。この戦いは、それまでの川中島の戦いの中で最大規模の戦いとなり、両軍合わせて6,000人余の死者が出たと言われている。この戦いで武田軍は信玄の弟・武田信繁、諸角虎定、山本勘助、三枝守直ら有力武将の多くを失ったという。

永禄7年(1564年)にも上杉軍と川中島で対峙したが、衝突することなく終わっている(第5次川中島の戦い)。

[編集] 今川・北条との戦い

川中島の戦いの後、信玄は侵攻の矛先を上野に向けたが、上杉旧臣である長野業正が善戦した為、捗々しい結果は得られなかった。しかし、業正が永禄4年(1561年)に死去すると、武田軍は後を継いだ長野業盛を激しく攻め、永禄9年(1566年)9月には箕輪城を落とし、上野西部を制圧することに成功した。

永禄3年(1560年)5月、武田氏の盟友であった今川義元が、織田信長によって桶狭間の戦いで討たれたことにより、今川家が衰退の兆しを見せ始める。このため、信玄は今川氏との同盟を破棄して駿河に侵攻しようと計画するが、義元の女婿である嫡男・武田義信とその傅役・飯富虎昌が激しく反対する。信玄は永禄8年(1565年)に飯富虎昌を切腹させ、永禄10年(1567年)10月には義信を廃嫡し、自殺に追い込んだ(病死説もあり)。

その上で、永禄11年(1568年)12月、三河の徳川家康と共同で駿河侵攻を開始する。今川軍も抵抗したが、松野山で荻清誉を、薩垂山で今川氏真軍を破り今川館へ入った。しかし、今川氏と縁戚関係にあった北条氏康が、今川氏の援軍に駆けつける。さらに駿河征服を企む家康も氏康と同盟を結んで信玄と敵対したため、北条・徳川連合軍と戦う不利を悟り、永禄12年(1569年)横山城に穴山信君を抑えに残し、4月に武田軍本体はひとまず甲斐に撤退した。

同年9月、信玄は2万の大軍を率いて、北条を叩くべく上野・武蔵・相模に侵攻する。10月1日には小田原城を包囲するが、その4日後の10月5日には早くも包囲を解いた。北条は北条氏照・北条氏邦等を武田軍の甲斐への退却路に布陣させ、小田原からは北条氏政らが出陣し挟撃する構えを取ったが、10月8日、三増峠において武田軍と北条氏照・氏邦軍が激突、武田軍が大勝した(三増峠の戦い)。

こうして北条氏康を抑えた上で、元亀元年(1570年)7月、再び駿河に侵攻し、完全に平定した。




    Les Daimyos formèrent un nouvel ordre en forgeant des liens directs entre tous les groupes compris dans leurs territoires, hommes de guerre, marchands, artisans et artistes, paysans compris. Pour accomplir cela, ils placèrent un contrôle stricte sur l'administration agricole, puisque le riz restait la ressource économique principale du pays. Les centres de production du riz étaient devenus indépendants du système centralisé à Kyoto dès les premières années du 16e siècle, Cependant l'agriculture restait au mains des petits seigneurs locaux qui employaient la main-d'oeuvre et les ressources matérielles de la même façon que nos barons le faisaient durant notre moyen âge.



    TAKEDA Shingen fut parmi les premiers Daimyo à proclamer le nouvel ordre, brisant la main-mise de ces petits seigneurs. En les absorbant les uns après les autres, Shingen essaya -et réussit- à les forcer à s'engager comme officiers dans son armée ou dans son administration. Dans la province de Kai , les TAKEDA réussirent à maintenir leur poste de gouverneur durant l'instable période qui succéda à la guerre d'Onin jusqu'à la défaite finale, en 1582. La stratégie du jeu des alliances pour maintenir le contrôle politique de 1498 à 1541 fut un modèle du conflit qui s'étendait en guerres internes depuis l'invasion de la province en 1501 par les Hôjô. L'unique habileté des TAKEDA fut seule capable, par des manoeuvres politiques sur les turbulents guerriers de Kai d'éviter les attaques extérieures.
    Depuis le 12e siècle, la tâche des gouverneurs avait été d'agir pour le compte du Shôgunat de Kamakura (1185-1333), avec comme devoirs d'enregistrer les guerriers en vue d'un service militaire et d'arrêter les félons. Graduellement, les gouverneurs (Shugô) étendirent leurs pouvoirs. De 1336 à 1392, une longue lutte opposa la Cour Impériale et le gouvernement (Bakufu) de Muromachi (du nom du quartier de Kyoto où se trouvait la résidence des Shogun ASHIKAGA), qui déposa l'empereur et établit une autre Cour dite du Nord en opposition à celle du Sud de l'empereur rebelle GO-DAIGO. Le gouvernement militaire accorda le droit de lever des taxes aux Shugô, spécialement dans un but d'intendance, mais une fois la guerre terminée, les TAKEDA continuèrent à les lever. La richesse qui provenait de ces taxes et de l'expansion des droits administratifs sur la production du riz apporta, au niveau local, un avantage décisif lorsque le gouvernement se désintégra à la fin du 15e siècle.





    The warlords shaped a new order by forging a direct link to all groups within their territories, to all military men, merchants, artisans, and peasants. To accomplish tills, they placed strict controls on agricultural administration, since rice was still at the core of Japan's economy. Rice production areas had become independent of the old capital-centered mate control by the early 1500s. However, agriculture was under the control of local samurai landlords who employed labor and material resources just as manorial lords of Frankish Europe had lived on the labor of peasants and artisans.

    Takeda Shingen was one of a handful of warlords who issued proclamations of a new legal order to break the hold of these petty landlords. In absorbing one right after another, Takeda tried to reduce the once stubbornly independent samurai of his realm to officers of his own administration. In Kai Province, the Takeda family had managed to hold the constable title throughout the unstable post-Onin War period until final defeat in 1582. The strategy of juggling alliances within Kai to maintain political leadership from 1498 to 1541 was a microscale model of conflict which expanded to infra-territorial warfare from the time of Hôjô Soun's invasion of Kai in 1501. One reason that Kai was able to withstand outside incursions so stoutly was Takeda's earlier success in political manipulation of the samurai of Kai. The most powerful of these landlords ruled fertile rice producing areas along the river system running from northern Kai to Join in the Fuji River, southeast of Kôfu, the provincial capital. Since the Heian period. Kôfu had been the communication link between Kyoto and the western rice producing estates of the province.
    Only after the Onin War did the Takeda begin to take these areas under their direct control. From the twelfth century, it had been the constable's task to act oJ behalf of (lie Kamakura Bakufu (1185-1333), the central military government, in such duties as registering samurai vassals for military service and arresting felons. Gradually the constables expanded their powers. From 1336 to 1392, a long battle was waged between the imperial Court and the Muromachi Bakufu, which deposed the Emperor and established a rival Northern Court. The military government granted taxation rights to provincial constables, specifically for commissariat purposes, but the Takeda for their part were not about to give up the taxes when the war was over. The wealth derived from taxation and from expansion of administration rights over rice production estates provided constables with an advantage at the local level when government disintegrated into free-for-all contention after the Onin War.

Publié dans Histoire

Pour être informé des derniers articles, inscrivez vous :

Commenter cet article